物件の購入金額を少しでも安くするには?

購入までの正しい知識や流れを知り少しでも出費を抑えましょう!

物件購入時にかかるお金は本体価格+諸費用+頭金

節約できる諸費用とは

購入を決定した時に不動産屋に申込金というものを預けるのが一般的です。
申込金は売買契約が成立した時に手付金の一部に充当されます。
契約が不成立ならば返還されるものです。
近年この申込金というのがないケースもありますのでそれも視野に入れ探してみても良いですね。

そして購入時の頭金ですが、ローンの方は頭金を増やすと購入時は少し費用がかさみますが、後々のローンがその分軽くなるのでそれも良いかと思います。

入居時に加入する火災保険も選べる場合があるのでその場合安く済むケースも。

あとは仲介料ですがこちらは売り手から直接購入すれば仲介役がいないので発生しません。
売り手を探してみても良いですね。

もしくは紹介される物件の幅が狭まってもよければ仲介料0円の物件も良いでしょう。

仲介料なしとありのメリット、デメリット

仲介料なしの場合

不動産屋側の事情で、ピッタリな物件があっても紹介してくれない事があります。
そして買い手に割く時間を減らされる場合も。
狭まった選択肢の中でも良いと思える物件に巡り合えれば良い買い物をしたと思えるでしょう。

また、鍵の交換代や書類作成の事務手数料、室内用毒等本来かからない余計な費用が請求される場合も。
それに加え不必要なサービスに加入させられているかもしれません。
加入が必須で無いものがあれば確認した方が良いです。

仲介料ありの場合

有料だからという理由だけではありませんが、やはりその分こだわりを持って時間をかけ、しっかり丁寧に家探しの対応をしてくれます。
良い物件を紹介してもらいたいと強く希望するなら、出費は増えても仲介料ありの方がお勧めです。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る